子供(男子と女子)の成長期に身長を伸ばす方法

子供の成長期に身長を伸ばそう!?

子供の身長を伸ばす絶好のチャンスになるのは、子供の成長期です。私のイメージでは、男子は女子よりも成長期が遅いように感じていました。

 

しかし、実際に、身長が伸びる成長期の男子と女子のデータを比べたモノを比較すると基本的に、男子も女子も子供は、11歳から13歳までの年齢が、もっとも身長が伸びやすい成長期であることが分かりました。

 

具体的に、女子と男子の年齢による身長が何センチ伸びているのかについては、こちらのページで紹介しています。

 

では、この子供の成長期には、何が起こっているのでしょうか?

 

 

子供の成長期で起こっている事とは?

子供が成長期に身長を伸ばす為には、骨と骨のつなぎ目付近にある「骨端線(こつたんせん)」と言った部分です。

 

図にすると下記のようになっています。
骨端線のイラスト
※上記の図は、コチラのサイトからお借りしました。

 

子供が成長するにつれて、骨端線が発達して骨が伸びる事で、身長が伸びますが、カラダが大人になると骨端線が無くなり、身長が伸びなくなります。

 

 

骨端線はいつまで伸びる可能性があるのか?

骨端線があり、骨が伸びる間は、身長を伸ばす事が出来ます。では、いつまで骨端線が伸びるのでしょうか?

 

これは、個人差が非常に大きいです。一般的には、骨端線は、

  • 男性:17歳から18歳
  • 女性:15歳から16歳

と言ったような年齢で成長を終えるケースが多いようです。

 

ただし、個人差があるので、人によっては、男性は25歳、女性は22歳まで骨端線が存在いして、身長を伸ばす事が出来たという人もいるようです。

 

 

骨端線の有無を確認する事は可能か?

骨端線は、骨と骨の具なぎ目にある、骨が成長する部分です。骨端線があるかどうかは、病院でレントゲンを撮ればチェックすることができます。

 

ただし、骨端線をレントゲンで撮影する場合は、特に病気でない限り、全額、個人負担になるので、数千円から1万円程度の費用が必要になります。

 

 

骨端線がある時期が身長を伸ばす勝負!?

小学生や中学生の子供の男子、女子なら、骨端線は、基本的にあると思っていいと思います。特に、子供の身長が伸びやすいのは、11歳から13歳とも言われています。もちろん、10歳や14歳でも身長は伸びやすい時期です。

 

この為、小学生の高学年から中学生の間が、骨端線を刺激して身長を伸ばすのには適している年齢です。この時期に、

  • 睡眠
  • 栄養
  • 適度な運動

を行うことで、子供なら男子も女子も身長がのしやすい成長期です。

 

ただし、身長を伸ばそうと思い、「睡眠」、「栄養」、「適度な運動」を生活に取り入れても、1週間や1ヶ月で、グングンと身長が伸びる事は少ないです。

 

少なくとも三ヶ月以上、出来れば半年から一年は継続して、成長期に身長を伸ばす努力をすることで、ある日、グングンと身長が伸びるようになります。

 

この為、「睡眠」、「栄養」、「適度な運動」の努力をしても、スグにはあきらめずに、出来れば半年、1年と長期戦で取り組むと良いです。

 

具体的に、どのような事を行うと良いのかは、コチラのページで紹介しています。