小学生・中学生・高校生の子供の睡眠時間

子供の睡眠時間は何時間必要なのか?

寝る子は育つと言いますが、実際に、子供の身長を伸ばして成長させるためには、睡眠が非常に重要になります。

 

子供は、寝ている間に成長ホルモンの分泌が活発になります。この成長ホルモンが分泌されることが、身長を伸ばす指示を出しているようなモノです。

 

この為、小学生、中学生、高校生のように、身長を伸ばす年齢の場合には、シッカリとした睡眠時間の確保が重要です。ただし、睡眠時間だけではなく、睡眠の質も重要になります。

 

睡眠の質の確保する為には、コチラのページで紹介している方法が参考になります。

 

 

子供の睡眠時間は何時間必要なのか?

女子も男子も基本的に子供の場合には、下記で紹介している睡眠時間は取りたいところです。

 

乳児から幼児 1歳から3歳 12時間から14時間
3歳から5歳 10時間から13時間
小学生 6歳 10時間から13時間
7歳から12歳 10時間から11時間
中学生 12歳 10時間から11時間
13歳から14歳 8時間から9時間
高校生 15歳から18歳 8時間から9時間
成人 18歳以上 7時間から9時間

 

上記のようにシッカリと睡眠をとることで、寝ている間に骨を伸ばすことが出来る成長ホルモンの分泌が行われて身長を伸ばす事が可能になります。

 

 

実際の日本人の睡眠時間は!?

日本人の睡眠時間は、子供の場合を調べてみると、平成23年の社会生活基本調査の情報では、10歳から14歳は8時間35分です。15歳から19歳は7時間42分です。

 

 

睡眠時間を維持する為には、何時に寝るかが重要になる

小学生や中学生、高校生になると朝起きる時間は、基本的に決まってきます。たとえば、小学生が朝の7時に起きる場合を考えると、1日の睡眠時間が10時間必要なら、夜の21時には寝ている必要があります。

 

また、中学生から高校生にかけて8時間の睡眠をとる場合には、夜の23時には寝ている必要があります。実際は、寝ようと思ってもスグに眠れる事はないので、プラス1時間がうらい早い時間から寝れる時間が取れるように余裕をもって生活をする必要があります。

 

 

現実は睡眠不足の子供が多いのでは!?

最近では、小学生から塾に通う子供が増えています。この為、学校が終わって、塾に行き、塾から帰ってきた段階でもかなりの夜遅い時間になっているケースもあります。

 

このような生活が続くと、睡眠時間の不足に、勉強などのストレスが重なって、身長が思ったように伸びない可能性が出てくるので注意が必要です。

 

 

おやつに何をいつ食べるのかも大切!?

良い睡眠をとろうと思った場合には、カフェインの摂取はオススメできません。基本的に、寝る前にカフェインの摂取は駄目なのは理解できている人が多いと思います。

 

しかし、夕方や晩御飯時にカフェインをとっても、夜寝るまでには時間があるので問題ないと思っている人も多いようです。実際に、カフェインを摂取してから、体内で影響がある時間は、長いと5時間も覚せい作用が継続すると言われます。

 

特に、子供の場合には、大人よりも覚醒作用の効果が効きやすいようにも感じます。その為、出来れば、午後3時ごろのおやつを食べたい抗は、カフェインが入っているモノ、または、カフェインに似たモノは取らないように注意する必要があります。

 

 

身長を伸ばす方法として、どのような事をするのが良いのか?はコチラにまとめて紹介しています。